架空の空

オレンジに染まる都会の片隅で、虹をみつけた。

雑踏の中でカメラをかまえる私の
視線の先を追いかけた見知らぬ人の口から
「あ、虹。」というつぶやきが漏れる。

私は嬉しくなる。
だって、「ほら、虹だよ」って大声で叫びたい気分だったから。


ねえ、忙しそうなあなたたち。
ちょっと足をとめてみてよ。

神様の気まぐれなプレゼントは
すべての人に平等に贈られているのに
立ち止まって空を見上げた人しか受け取ることができないのよ。

2001.9.10 Shin-osaka


■back